妊娠生活

性別よりも。

先週の検診では性別が分からなかった三郎くん。先生は30分もかけてチェックしようとしたんだけど、下半身(?)を隠したままでとうとう分からずじまい。そういえばりょうちんの性別が分かったのも8ヵ月半って遅かったんだよね~。

性別も気になるけれども、やはり私の場合は赤ちゃん自体が五体満足で元気に産まれてきてくれるかどうかの方がすっごく心配です。というのも現在も4種類の点滴と2種類の薬投与を続けていて、しかもこの薬がアメリカではカテゴリーBに入るものだからです。
カテゴリーBとは、「きっと赤ちゃんには影響がないけれども、100%大丈夫とは言い切れない」という薬。先生も、「今までこの薬を使ってきた妊婦さんはうちの産婦人科で何人もいるけど、みんな元気な赤ちゃんを産んでいるから大丈夫だよ」とは言うものの、薬だけを見ると100%安全な分類には入らない。

やっぱり心配だから薬投与を何度が止めたんだけれども、そうするとゲロゲロで普段の生活を送るのすら無理だから結局続けている状況。甘えちゃいけないのは分かっているけれども、こういう時に助けてくれる両親が近くにいたらな・・・って思っちゃう。

どうにか元気な赤ちゃんを出産できますように。


話は変わって、週末は雪でした。雪が大好きな2人は、凍える寒さの中2時間半も外遊びしてたよ。
P1211083 P1211086

| | コメント (4) | トラックバック (0)

性別

そういえばはっきり書いてなかった3人目の性別ですが、今のところまだ良く分かりません。というのも普通性別が判明する18週目から26週目までに3回ウルトラサウンド(超音波検査)をしたんだけども、その結果が
1回目 → 男の子
2&3回目 → 女の子

という具合。

旦那も私も男の子が希望なので”女の子”って聞いた時は「は???聞いてないよ」って思ったけども、どっちなんだろう?

たまに「男の子いるんだから女の子でいいじゃん!」って言われるんですが、どうしてか男の子がいいなー。友達の女の子とか見ると”可愛い”って思うんだけども、自分の子となると男の子希望。

不思議な事に私の姉も一緒で、毎回妊娠報告をするたびに「姪っ子じゃなくて甥っ子がいいな。男の子がいい。」って3回とも言ってます。

アメリカだと普通産まれるまでに3回ぐらいしかウルトラサウンドをしないんだけれども、たまたま私の場合は問題が多くて月に1回はしているので、産まれるまでにきちんとどっちか分かるといいな。

それにしても最初に見えたオチンチンはどこへ行ったのかしら??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

妊婦生活

もう5ヶ月を過ぎたというのに相変わらずのつわり生活が続いています。先日の検診では切迫流産になりそうなので出来れば入院して欲しいって言われたけれども、やっぱり入院はどう考えても無理。なので点滴&薬で様子を見ることになりました。

プラス体重は36キロを下回り、点滴も増える事が決定。トホホ・・・

そしてけいちんの時と同様、赤ちゃんが小さい疑いの為に沢山の検診が始まります。MRMみたいなのもやらないといけないし、病院通いも毎週。

実はたまに”子供が4人っていうのもいいかも♪”って思ったりしていたんだけども、このあまりにもひどい妊娠生活を考えると今回が最後だな。10ヶ月の妊娠生活中だけで5年ぐらい年を取ってる気がするもん。

こんな調子ですが、パパがすっごく手伝ってくれているので本当に助かっています。りょうちんも色々助けてくれるし、家族みんなで頑張って赤ちゃんを育てている感じ。

あと5ヶ月、気合で切り抜けるぞー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

信じられない

今日の妊婦検診で担当の先生に言われた言葉、「信じられない

何が信じられないかっていうと、子宮口が2センチ以上開いていて赤ちゃんの頭が子宮口から1センチ以内の場所にすでに来ている状態が2週間続いているのに、まだピーチが産まれていないこと

「普通だったら2~3日以内で産まれるのに、2週間頑張っているなんて・・・ 余程お腹の中の居心地がいいんだろうねぇ」だってさ

ピーチ君、もういいでしょう・・・ 産まれて来てくれや

しかもここ数日つわりが以前よりひどくなって、朝以外食べられなくなってます 

トホホ
 分かってはいたけれども、やっぱり産むまでつわりがあるんだな~



もうすぐでお兄ちゃんになるりょうちん、天気のいい今日は外でお絵かき。

Dscf2714 Dscf2717











太陽は出ていたんだけど、風が強かったので寒く感じました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当たるかな??

今まではピーチのことを聞いても、
「ピーチはマミーのお腹にずっといてアウトはしない」
とか、
「りょうちんはお兄ちゃんにならないで、ずっとベイビー」
とか言っていたのに、今日の朝起きたら突然、
「ピーチもうすぐハローするね~」
って言ったのでびっくり

子供は大人にはない何か感じるものがあるって聞いた事あるけど、そうなのかしら? とするともうすぐ産まれてくるのかな?

ママとしてはご飯を食べたいので、もう産み落としたい
 さぁていつになることやら・・・ 


ところで用があってモールに行ったら、毎年恒例のイースターバニーがいたんだけど、
Dscf2707




相変わらず超可愛くないっ





りょうちんに「バニーと写真撮りたい?」って聞いたら、速攻で「NO」って言ってたよ しかも「あのバニー顔が変だね」だってさ

そしてもう一つ、りょうちんが「怖い」って言うマネキン達。
Dscf2710


うん、これは怖いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割礼

アメリカでは男の子が産まれると、割礼をしたいかしたくないか選べます。
ユダヤ教やイスラム教は宗教上の理由で割礼をするんだけど、ユダヤ教の人口の多いアメリカでは以前は割礼するのが当たり前だったんだって。

でも衛生上の必要性は低いし、手術自体も新生児にはハイリスクであるという結論になって、1998年に小児科学会から包皮切除を推奨しないガイドラインが出てからは、手術をする人は6割程度になって、そのうちのほとんどがユダヤ教だそうな。

「割礼調査レポート」というのがあって読んだんだけど、そこには「割礼をすることによる利益はない」って書いてあったし、色々考えた結果、ピーチに割礼はしないことにしました。

割礼をしたママ友達数人に話も聞いたんだけど、生後2日目(または3日目)に局部麻酔で手術をするんだって。術後戻ってきた子供は麻酔してもよほど痛かったのか泣いていたり、涙の後が顔中にくっきり残っていたりで、さすがに可哀想だったって

もちろん赤く腫れちゃうから、しばらくはおしっこをしても大泣きで「しなければ良かった」っていうママ友達もいたよ。


ところで割礼をどうするかは決まったんだけど、まだピーチの名前が決まってません


2月中には決めようと思っていたのに、ちょっとヤバいわぁ。予定日も近いし、焦りだしてます

Dscf2604



こちらはお兄ちゃんになる準備が出来ているのかしら~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた検査

今日は大きな病院でピーチが”小さい”かどうかの検査。

そして結果として言われたのが、「平均の10%以下だと”危険児”としてもっと精密検査をしなくてはいけないんだけど、あなたの場合は調べた結果”10%”って出たので、とりあえず来週また検査します」だって

はぁ、また検査か・・・

こんなに検査ばっかりやってるけど、ママの予想はりょうちんと同じぐらいの子が産まれてくるんじゃないかな~。(ちなみにりょうちんは2860g)

アメリカの平均じゃなくて、日本の平均で調べて欲しいわぁ。


ところでりょうちんの大好物は、
Dscf2517 Dscf2519











「こんにゃく」と「お豆腐」。
もっと太って欲しいんだけど、なぜだかこういうダイエット食品が大好きなのよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた・・・

今日は点滴を兼ねた検診だったんだけど、ウルトラサウンドで見たらやっぱり”赤ちゃんが小さい”そうな

なので来週また大きな病院で詳しい検査をすることになりました

笑い話じゃないけど、これで出産時のピーチが4キロとかだったら 検査に費やした時間返して欲しいわ~
一週間に3,4日も病院だと、本当に忙しいです


話は変わって、いつも思うんだけど 子供が多いとすぐに部屋って汚くなるよね・・・
Dscf2463 Dscf2465







5人子供が集まると、あっという間にこの有様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分娩方法

アメリカはほぼ100%無痛分娩だと思っていたので、今日の検診で担当の先生に、「一切何の薬(無痛剤や促進剤)は使わないでお産をしたい」って言ったら、「OK」と普通に返事をされました。
びっくりされると思ってたので、こっちがびっくりしていたら先生が、「昔はほぼ100%無痛分娩だったけど、今は60%強ぐらいで、薬を使わない人が増えているのよ」だって。

そうなんだ~、知らなかった。
でも言われてみれば仲のいいママ友達4人はみんな薬は使ってないし、そんなものなのかも。

アメリカで薬を使ってお産をする場合、「どんな事になっても病院と医師は訴えません」っていう紙にサインしないといけないんだけど、やっぱり100%安全とは言えないしリスクがあるので使わない人が増えているそうな。

先生が言うには、「ただあなたのように母国でお産をする時に薬を使わない国の人は、アメリカでは薬を使うケースが多いです。」だって。
そう言われてみれば、こっちで出産している日本人はみんな薬を使ってたわ。

というわけでりょうちんの時と同じように、薬は一切使わずに普通分娩でお産します

そしてこちら病院の先生になりきっているりょうちん

Dscf2460 Dscf2461





先生の使うグローブをして、大喜びです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食生活

妊娠中は母親が食べるものがお腹の赤ちゃんにいくので、栄養を考えていいものを食べるようにって言われるんだけど、つわりが現在進行形のママにとっては無理な話

ここ3,4ヶ月の食生活は、
朝 → パンかシリアル
昼 → サラダ (体調のいい時はパスタなどの麺類)
夜 → 無し (体調のいい時はフルーツ)

ってな具合でダイエットの人の食事みたい

この食生活だと1日に1~2回吐くだけで済むので、これが一番合っているのかも。

ただやっぱり日本人、お米が食べたい アツアツのおにぎりを大きな口で ガブッ と食べるのが今の夢だわ。最後にお米を食べたのがいつだったか覚えてないぐらい、食べてません

でもこの生活ともあと1ヶ月チョイでおさらば 産んだらガッツリ食べるぞ~

Dscf2421 Dscf2423








同じように点滴で育ったりょうちんも食は細いので、ピーチも食べないのかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧