« ペンシルバニア州 ~1日目~ | トップページ | ペンシルバニア州 ~3日目~ »

ペンシルバニア州 ~2日目~

今日の行き先は工場のあるチョコレートワールド。ホテルから工場に行く道でふと上を見上げると、

Img_0023



街灯がキスチョコの形をしてるじゃないの



さすがハーシータウン、何から何までハーシーね。

こちらのチョコレート工場も広い、広い。

Img_0024 Img_0030









入り口ではハーシーキャラクターがお出迎え。
Img_0033














このチョコレートワールドは体験方式になっているのだけれども、りょうちんがやりたいと言った "Create your own candy bar" をすることに。

入り口で白衣を渡され、中へレッツゴー

Img_0035






立派な職人に変身







まずはコンピューターを使ってどんなチョコを作りたいか、例えばミルクチョコでラズベリーとチョコチップとアーモンドを入れて、上にはカラフルチョコをまぶす、などなどを決めます。

そしていざ工場へ。
Img_0039





ここでバーコードをかざすと、自分の作りたいチョコ情報が機械に転送され、マシーンがスタート。





自分の名前が機械に出て、その場所が自分が中身に選んだものなら(例えばナッツとか)中身が出てきます。
Img_0040 Img_0042















ベルトコンベアにのって自分のチョコが作られていきます。
Img_0044 Img_0045









そして選んだ中身が全て入った所で、上からチョコでコーティング。
Img_0046 Img_0048






最後にカラフルチョコで仕上げ。
Img_0049








最後にトンネルをくぐり、その中でチョコを固まらせます。
Img_0050


りょうちん、自分のチョコに釘付け




この後はパッケージ作り。パソコンを使って自分で好きなパッケージを制作。
Img_0052






真剣に選んでいきます。





そして、
Img_0055






りょうちんが作ったチョコの出来上がり







パッケージもしっかりしてるし、かなり本格的。
Img_0056 Img_0060














パッケージも含めて自分の好きなチョコが作れるこのツアー、かなり楽しかった

この後どうやってチョコが出来るかっていう乗り物に乗ってここは終了。
Img_0072





チョコダイスキ








甘いハーシータウンに別れを告げて、ここから40分ぐらいのランカスターへ。
ここランカスターの町はアーミッシュという電気を使わずに質素な生活をしている人達が住んでいる場所です。車にも乗らないので、代わりに
Img_0086 Img_0087








みなさん馬車で移動。
ちなみにアーミッシュの人達は宗教上の理由から写真撮影されるのをとても嫌がります。なので撮っている写真は全て隠し撮り

お昼を食べた後、バギーライドという馬車に乗ってアーミッシュの生活を少し垣間見るツアーをしてみました。
Img_0089





動物大好きりょうちん、馬をナデナデ







たまたまバギーライドのおじさんがもとアーミッシュの人だったので、アーミッシュの隠された部分なども聞けてすっごく良かった。
Img_0091



麦藁帽子を被っている人。




アーミッシュは16歳になると成人とみなされ、アーミッシュとして余生を送るか辞めるかの選択をするそうです。95%以上がそのままアーミッシュとして生きる道を選び、すぐに結婚をしてだいたい子供を12~15人産むそうな。

ただアーミッシュには特別な掟があり、例えば学業は必要とみなされていないので8年間学校に行くだけで終わり(しかもアーミッシュの特別な学校)、聖書以外の読書はしてはいけない、化粧はダメ、賛美歌以外の音楽は聴いてはいけないなどなど沢山の規律があるそうです。派手な格好をしてもいけないので、みんな黒または紺色の洋服しか着てません。

アーミッシュの人達は自給自足の生活をしているので、みんな農耕や牧畜をしています。

Img_0094 Img_0097















バギーライドをしている間、アメリカにいる事を忘れてしまうぐらい違う時間が流れていました。
Img_0104 Img_0108








ただ”アーミッシュ”といっても所属する教会によって規律が違うらしく、ランカスター中心地近くに住んでいるアーミッシュの人達はスーパーに買い物に行ったりもするそうです。


貴重な体験をした後は、今日から2泊する Verdant View Farm へ。ここはファームでありながら宿泊もやっていて、そこにいる動物達とたわむれる事が出来るという
これまたいつもは出来ない体験が出来る場所。
ランカスター近くにはいくつかファームステイ出来る場所があるんだけども、うちがここを選んだ理由は牛の乳搾りが出来たりミルクをあげる体験が出来るから。

そしてファームに到着した途端に「今から乳搾りやるからおいで」と言われたので、早速ゴー

Img_0111




現在85匹の牛がいるそうな。





りょうちん産まれて始めての乳搾り。
Img_0118 Img_0126








数度のトライで乳ゲット
 すごいんじゃないの~

そしたら「ミルクあげてみる?」と言われて、生後7週間の子牛にミルクあげ。
Img_0132




哺乳瓶、デカっ




そして吸い付く力、相当強いです。きちんと持ってないとビンを持っていかれちゃう
Img_0139



4本全てを1分程で終了。




いやー、すごいね、牛くん。
りょうちんもあっけにとられてたよ。

近くのレストランで夕飯を食べて、本日は終了。
明日も楽しみです

|

« ペンシルバニア州 ~1日目~ | トップページ | ペンシルバニア州 ~3日目~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンシルバニア州 ~2日目~:

« ペンシルバニア州 ~1日目~ | トップページ | ペンシルバニア州 ~3日目~ »